使ってみてわかった低速ジューサーのメリット・デメリット

レビュー
この記事は約8分で読めます。

先日、低速ジューサーを購入しました。

我が家にはミキサーがあるんですが、

健康のためにと夫に言われるがまま、良く調べもせず購入しました。

その結果は・・・?

この記事では、使ってみてこそわかる低速ジューサーのメリット・デメリットについてまとめてみましたので、低速ジューサーの購入をお考えでしたら、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

我が家が購入したのはPanasonicの低速ジューサー

野菜不足の解消、健康増進のため野菜ジュースを飲みたいという夫。

スーパーの売り場を見るんだけど、

香料、甘味料、ぶどう糖果糖液糖など添加物が入っている商品がほとんど(>_<)

体のためにいいのか悪いのかわからない。

ちょっと良さそうなジュースをネットで見つけて買いたいなって思って値段を見ると

高いー

お試し感覚で買うことはできるけど、続けることはキツイな~というのが正直なところ。

そこで、とうとう自分でジュースを作ることにしました!

ジューサーにいろいろな種類があるんだ~

当初、自宅にあった古いミキサーを使って野菜ジュースを作っていました。

でも、人参などの固い野菜では作れなかったんです。

そこで、新しいジューサーを買うことにしたんですけど、ジューサーにもいろいろ種類があるんですね。

調べてみて、高速ジューサーと低速ジューサーがあるということを初めて知りました。

高速ジューサーとは

1分間に約1~2万回転という高速で金属の刃が原料を削りながらジュースを作ります。
高速による摩擦熱で、酵素やビタミンが壊れてしまいます。

低速ジューサーとは

1分間に約40~60回転と言う低速で、スクリューで原料をすりつぶしながらジュースを作ります。
栄養素や酵素を残したままジュースを作ることができます。

 

スポンサーリンク

 

我が家では、栄養素や酵素が壊れないほうがいいんじゃないってことで、低速ジューサーを買うことにしました。

今回は近所の家電量販店よりもAmazonのほうが安かったので、Amazonで購入しました。

購入したのは、

パナソニック ジューサー 高速 ビタミンサーバー コールドプレス対応 レシピブック付 メタリックレッド MJ-L400-R

 

贅沢すぎる激うま人参ジュース完成!

早速、ジュースを作ってみましたよ💛

原材料

人参 5本(約630g)
レモン 1個(約120g)
リンゴ 1個(約220g)
原材料は、かなりこだわりまして

を使いました。

下準備

  • 材料を綺麗に洗います。
  • 人参はヘタを取り、皮付きのまま切る。
  • レモンは皮をむき、種を丁寧に取り、切る。
  • リンゴは芯の部分を取り、切り分ける。

ちょっと、手抜き動画で画質が悪いのですが、ジュースを作る様子を動画に収めました。

動画の最後では、ジュースを作った後に外した部品の映像を収めました。

 

これで、人参ジュースが完成。

お味は、

今まで飲んだことがないほど、美味しい!激うま~!

そりゃあ、そうですよね。

原材料にこだわり、なんといっても作りたてですから。

このジュースを飲んだら、もうスーパーで売っている野菜ジュースは飲みたいとは思えなくなってしまいましたね~💦

使ってみてわかった低速ジューサーのメリット・デメリット

実際に使ってみてわかった低速ジューサーのメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット
  • 低速だけに、音はさほど気にならない。
  • 野菜汁や果汁を無駄なく搾り取ることができる。
  • オリジナルの激うまジュースを作ることができる。
デメリット
  • 野菜を切るなど、下準備が大変
  • 搾りかすが沢山出る
  • 使用後の部品の掃除が大変
  • ジューサーが重い。(約4㎏)

特に、搾りかすは動画を見ていただいたらお分かりになりように、原材料の3割ほどにもなり、処理が大変。

また、使用後の部品の洗浄は、15分ぐらいかかるので時間に余裕がある時でないと作れない。

この味は忘れられない、デメリットを上回る人参ジュース

下準備、使用後の後片付け、搾りかすの処理など、デメリットが多いように思えますが、

この激うま人参ジュースの味は一度味わったら忘れられません。

なので、時間的に余裕がある時に、ペットボトル1本分をまとめて作っています。

飲み続けることでどんな効果が出るのか楽しみですね。

搾りかすの利用方法

人参ジュースを作る時に出る大量の人参カス。
これは食物繊維だそうで、食べてみると、若干、人参の甘味があります。

ただ、食物繊維だけにそのまま食べると口の中でパサパサと言うかモサモサと言うか、舌触りがよくありません。

せっかくの無農薬人参、搾りかすも使い切りたいです。

試しに、お味噌汁に入れてみたけど、全然美味しくありませんでした💦

でも、懲りずにいろいろチャレンジしてみました。

今まで利用した方法は、

  • お米に混ぜて炊く
    (特に五目御飯は彩りもよくなり👍)
  • 卵焼き
  • ハンバーグの種
  • カレー
  • 蒸しパン

いずれも人参カスの量が多すぎるとおいしくなくなってしまいますのでご注意を!

今後は、人参カスを使ったバターケーキなども焼いてみたいと思っています。

残念ながら、いろいろ使っても、全部使いきれません。

そんな時は、植木鉢の土に混ぜ込んで肥料にします。

今、その植木鉢でネギを育てています。(スーパーで買ってきたねぎの根っこを植えています。)

うまく育つといいな~。

まとめ

いかがでしたか?

最後にまとめてみましょう。

  • 低速ジューサーで、激うまジュースを作ることができる
  • 低速ジューサーのメリットとデメリットを理解する。
  • 人参など搾りかすの使い方はいろいろある。

以上、私の体験談でまとめてみました。

あなたも、ぜひ激うまオリジナル人参ジュースを作ってみてくださいね。

今回私が買ったのは

パナソニック ジューサー 高速 ビタミンサーバー コールドプレス対応 レシピブック付 メタリックレッド MJ-L400-R

だけど、

あらごしジュースやフローズンスイーツも作ってみたい!っていう方は、MJ-L600のほうがいいかもね。

(今から思うと、アタッチメントの多いほうが良かったな~ってちょっと後悔💦)

あれ?アタッチメントの多い方が値段が安いみたい、なんでかな~

パナソニック ジューサー 高速 ビタミンサーバー コールドプレス あらごし フローズン対応 レシピブック付 グラファイトグレー MJ-L600-H


コメント

タイトルとURLをコピーしました