人は、病気に名前を付けると安心する?

レビュー
この記事は約7分で読めます。

具合が悪いとき

医者から病名を言ってもらうと安心することってありますよね。

最近は

昔と違って、いろんな病気、病名が増えてきた。

私は、医療が発達したから、

今までわからなかった病気がわかるようになってきたんだって思ってました。

だから、多くの人が救われるって思ってたんです。

でも、アシュタールによると、どうもそうではないようです・・・

今日も

ミナミAアシュタールさんのブログを丸々転載させていただきます。

スポンサーリンク

医療はビジネス???

数字を使ってビジネスチャンス?

「こんにちは こうしてお話できることに感謝します。

何度もお伝えしていますが、医療はビジネスです。

ビジネスである以上儲けという事を重視します。

ビジネスは需要と供給があって成り立ちます。

ですから、需要を増やせば供給が増えてビジネスは

成り立ちます。

医療は何を提供しているのでしょうか?

医療は人の病気を治す手助けをするという発想から

起きたビジネスです。

病気による痛みなどを緩和したいと思ったことから

始まりました。

でも、それが大きなビジネスになる事が分かったのです。

その時点ではじめの発想から大きく逸脱してしまったのです。

病気がなければ医療というビジネスが成り立ちません。

反対から見ると病気があればビジネスは成り立ちます。

ビジネスとして儲けを考えるのは当然のことです。

ですから、今度は病気を創ればいいという発想に

なったのです。

病気を創る・・病名を創るという事です。

病名ができれば病気を創りだすことができます。

ですから、どんどん病名が増えてきました。

そして、数字もどんどん変わっていきました。

数字を操作すれば大きなビジネスになる事が分かった

からです。

数字を使って人々を怖がらせることで、大きな

ビジネスチャンスになる事もわかりました。

そして、細菌、ウイルスという言葉を使うことでまた

大きなビジネスになることもわかりました。

怖れさせることで需要が起きます。

怖い病気が流行っています、新しい病気が発見されました・・

と言えば人々は怖がり、それから逃れるためにどうしたら

いいかと思います。

そこに、それにはこの薬、この対処方がききますといえば

人々はそれを欲しがります。

ここに大きな需要が生まれますので、大きく供給を伸ばす

ことができます。

いつも言いますが、病気と言われる症状は身体が不調を

治そうとして自分で起こしているものです。

熱は身体に入った不要なものを無毒化するために

出しているのです。

それなのに熱をムリに下げてしまったら、身体に入った

ものを無毒化することができなくなり、反対に治癒を

遅らせてしまうのです。

熱を下げる薬は熱を下げることに特化しています。

身体に入ったものを無毒化することはできないのです。

だから、無理に熱を下げて無毒化を妨げてしまうと

それによって死に至ることも出て来るのです。

一時的に症状が和らいでも、無毒化できていないので

ぶり返すということになります。

身体は自分で治します。

身体は治し方を知っています。

身体に任せておけば、身体は自分で治してくれるのです。

それが自己治癒力であり、自己免疫力なのです。

すべての人に備わっている素晴らしい能力なのです。

そして、身体は個性によって違います。

だから、一概に数字では表せないのです。

数字は関係ありません。

数字では分からないのです。

人によってみんな違うのです。

そして、症状がなければ健康なのです。

症状は身体を治すために起きているものです。

ですから、症状がない時は健康なのです。

無症状の病気などはないのです。

それも医療ビジネスで作られた言葉です。

医療が治してくれるわけではないのです。

でも、プラシーボ効果はあります。

ですから、医療が悪いと言っている訳ではありません。

ただ、妄信することはお勧め致しません。

医療が身体を治してくれるという概念は手放して

自分の身体を信じてください。

医療を違う角度からみる目も持っていただきたいと

思います。

あなたに愛をこめてお伝えいたします。」

「この記事はミナミAアシュタールさんより承認を得て転載しており、この記事からの他への転載は禁止になっております。

記事使用ご希望の方は直接、ミナミAアシュタールさんより承認を得ていただければと思います。

M-H-T55」

近所に名医がいない😢

近所に名医はいません。

患者を集めることが上手という意味での名医はいますが。

昔、複数の薬を飲み合わせることによって、認知症が引き起こされるというような内容の特集番組がNHKであったのを覚えています。

その番組によると、たくさんの薬を飲んでいた認知症の人が、必要最低限の薬以外を飲まないようにしたら症状が軽くなったとか

確か、そんな感じの内容だったと思います。

人の体を単なる検査結果のみで判断して、大量の薬を投与する

それは本当の医療でしょうか。

自然治癒力、免疫力を最大限に生かせるように、患者を指導してくれるのが本当の医者じゃないかと思います。

 

もっと詳しくアシュタールのことが知りたい人はこちらの本を手に取ってみてくださいね。

早くも25,000部突破!

人生を劇的に変えたい人はこちらの記事をどうぞ

ポチっとしていただくと励みになります💛

ありがとうございます。


自己啓発ランキング


コメント

タイトルとURLをコピーしました