詐欺師はあなたの心のスキを突く!騙されないための3つの心構え

その他
この記事は約4分で読めます。

緊急事態宣言が発令され経済的な影響が懸念されるこの日本において、私たち日本人が一丸となって頑張っていかないといけないこの時期に、残念なニュースを目にすることが多くなってきました。

それは「詐欺」の横行です。

そこで、今回は詐欺師に騙されないための心構えについて簡単にまとめてみました。

スポンサーリンク

10万円給付詐欺が出現

政府から国民一人当たり10万円の給付金をもらえることが決定しました。

これは本当にありがたいことなんですが、残念なことに、早くもこの10万円給付を利用した詐欺が出現しました。

携帯電話会社を名乗り、「給付金10万円配布につき、お客様の所在確認」という件名で、不正なURLへと誘導するメールが届くというものです。

詐欺師の行動は呆れるほど早い!

「私は大丈夫」と思っている人ほど要注意!

「私は詐欺師になんか、絶対騙されない」って思っていませんか?

実は案外その自信が危なかったりします。

何故なら詐欺師はあなたの心のスキを突いてくるからです。

私たちは人生が順風満帆であるときは、心に余裕があり、様々なことに対してほぼほぼ冷静な判断が下せます。

では、心に余裕が無いときはどうですか?

子供がすべて独立して、夫とも死に別れ、たった一人で生活していて相談する人もなく日々寂しさを感じているとき。

こんな時に、優しい言葉をかけてくれて、自分の話を聞いてくれる人が詐欺師だったら・・・

収入が激減して、来月からの生活をどうしようと困窮しているとき。

そんな時に、簡単に儲かる話を聞いたり、給付金が簡単にすぐに手に入るよ、今すぐ手続きをしないともらえなくなるよなどと言葉巧みに言われたりしたら・・・

恥ずかしながら、私もお金に困った時、儲かるからと高額のネット商材を買ってしまって、結局は儲からずに損をしてしまったことがあります。

お金が欲しい、欲しいとばかり思っていて、無知であったがゆえにはめられてしまったのです。
今から思えば、高い授業代でした。

詐欺師の手口は非常に巧妙で、あなたの心のスキを突いてくるのです。

 

アンケートモニター登録

詐欺師に騙されないための3つの心構え

先が見えない状況下の中で、簡単に儲かるよと言葉巧みに、悪質な商材を売りつける手口も増えるのではないかと危惧しています。

では、悪質な詐欺師に騙されないためにはどうしたらいいのでしょうか。

詐欺師の手口を知る

まずは詐欺師の手口を調べましょう。

オレオレ詐欺や、フィッシング詐欺など、実に様々な手口があります。
どんな手口があるかを知ることで、騙されることを回避できます。

安易にURLをクリックしない

ネット犯罪は、ますます巧妙になっています。
Amazonや楽天など大手の名前を騙った詐欺メールもたくさん報告されています。

実際、私にも届いております。

詐欺師は、恐怖心を煽るなどの心理作戦を使って、今すぐクリック(行動)することを促します。

安易にクリックすると、大切な個人情報を全部持っていかれます。
クリックするのは絶対に避けなければいけません。

おやっと思ったら、誰かに相談する

私は怪しいメールが届いたとき、家族や知人に声をかけます。

そうすると、「私のところも来てたよ、絶対怪しい!」と教えてもらえることがあります。

不安に感じたときは、必ず誰かに相談しましょう。

私は、Amazonに見せかけた不審なメールが届いたときは、指定のURLをクリックするのではなく、Amazonに直接問い合わせをしました。

その時の様子はこちらの記事を読んでね。

 

まとめ

以上、詐欺師に騙されないための3つの心構えを簡単にお伝えしましたが、いかがでしたか?

「いやいや、そんなこといまさらあなたに言われなくても、知ってるよ!」

と思うかもしれません。

でも、忘れないでください。

悪質な詐欺師は、心理戦で挑んでくるのです。

あなたの心のスキを突いてくるのです。

日頃から正確な情報をつかみ、偽情報に踊らされるないように心がけましょう。

10万円給付金に関しては、お住まいの市区町村が実施主体となります。
ホームページや広報誌などで事前に確認しておくといいかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました