給料減覚悟!無理して働くことは止めようと思います①

※この記事にはプロモーションが含まれています。

つぶやき
この記事は約10分で読めます。

こんにちは、ちなちゃんです。

あなたは、家族のためにと

好きでもない仕事や、体力的にきつい仕事であっても

我慢して働いていませんか?

以前のわたしはそうでした。

例えどんなに辛くても

収入を得るには、我慢することが当然だと思っていたのです。

でも、わたしは

もう、我慢しながら働くのは止めることにしました。

なぜなら、

「我慢は我慢の回路を開く」という情報に触れたからです。

スポンサーリンク

「我慢は我慢の回路を開く」ってどういうこと?

ミナミAアシュタールは

「我慢は我慢の回路を開く」と言います。

それがどういうことなのかは、いつもの丸っと転載、アシュタールのメッセージをお読みください。

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

いつもいつも言いますが・・我慢しないでください。

少しでもそこに違和感を感じたり、違うなという感じがしたらそっと離れてください。

長年いたから、長い人間関係があるから・・だから離れるのは難しいと思うのは

ナンセンスです。

波動エネルギーは変わります。

波動エネルギーが変わると、物の見方、考え方、価値観が変わるのです。

あなたの波動が変わることももちろんですが、長年いた場所、長い間一緒にいた人の

波動が変わることもあります。

そこ、その人たちと同じように、同じ方向にあなたの波動が変われば何も問題は

無いのですが、違う方向に変わっていくことも多々あります。

波動の軽い重いや、方向が違って来ているのに無理にそのままの関係を続けようと

するとお互いに苦しいだけになります。

時間は関係ありません。

いま、あなたがどう感じているかなのです。

あなたがいま苦しいとか、しんどいとか、違和感があるとか、違うなとか感じて

いるなら、そこは(その人は)あなたの波動エネルギーと合わなくなっているのです。

これはどちらが良くて、どちらが悪いという問題ではありません。

ただ、波動エネルギーが合わなくなってしまったというだけのことです。

宇宙で変化しないものはありません。

変化するから、循環が起きるのです。

循環は安定なのです。

だから、変化することを怖がらないでください。

変化することを怖がり、いつまでもいままでと同じようにしたいと思ってそれに執着

してしまうと、循環が起こらなくなり、安定しなくなるのです。

そこに居続けるのが安定、安心だと思ってそこに執着していることが反対に不安定な

状況を引き起こしてしまうことになります。

(意見の違いによって言い合いになったりして不愉快な思いをするのは、関係が不安定

になっているからです)

我慢は必要ありません。

我慢は我慢の回路を開き、もっと我慢しなければいけない事が起きてきます。

それは我慢していまの状況を続けようとすると、循環を止めてしまってもっと不安定な

状況を創りだしてしまうからです。

循環しているところは気持ちがいいのです。

気持ちがいいところにいれば、ご機嫌さんになれるのです。

我慢をしないで、変化をしていけば(違和感のあるところや人間関係からそっと離れる)

安定しますので、ご機嫌さんでいることが出来るのです。

ご機嫌さんでいれば、波動が軽くなり、軽い現実(楽しい現実)を創造することが

出来るのです。

だから、ご機嫌さんになると思って我慢しないでください。

いまちょっと我慢すれば、いつかはご機嫌さんになれる・・という考えは波動のことを

知らないから出る考え方です。

我慢していれば、いつまでたってもご機嫌さんにはなれません。

いま我慢しているという波動が次の現実を創造するのですから、我慢していると次も

我慢する現実になる・・だから、ずっと我慢する現実が続いて、ご機嫌さんになる現実は

創れないということです。

我慢せずそっと離れることは、安定につながります。

いままでのところにいればそのまま安定していられると思うかもしれませんが、

まったく反対なのです。

軋轢が生じます・・その軋轢(けんかなど)は、不安定から起きるものなのです。

安定したくて、安心したくて、我慢してそこにいること自体が、不安定を起こしている

ということです。

だから、安定したい、安心したい、平和でいたいと思うならば、変化を怖がらず

循環を起こしてください。

循環こそが安定なのですから。

違和感を感じる、イヤだと思う、我慢を感じるところ(人間関係など)からは

そっと離れてください。

どちらが良い悪いではなく、その場所、その関係はあなたの波動エネルギーと合わないだけ

のことです。

だから、罪悪感などいりません。

違ってしまったから離れる・・それだけのことです。

我慢はしないでください。

我慢しなければ、ご機嫌さんになり、ご機嫌さんの現実を創造することが出来ます。

あなたに愛をこめてお伝えいたします」

「この記事はミナミAアシュタールさんより承認を得て転載しており、この記事からの他への転載は禁止になっております。

記事使用ご希望の方は直接、ミナミAアシュタールさんより承認を得ていただければと思います。

M-H-T55」

 

我慢することを選択すれば、次の現実も我慢することになる

どんな嫌な仕事でも、頑張らなくっちゃ・・・

そうやって「我慢することを選択」したら再び「我慢する現実が続く」と言うのです。

それって、つまり、働けど働けど楽にならないってこと?

貧乏暇なし?

生活を少しでも良くしようと思って働くのに?

自分の人生を振り返ってみた時、
確かに「我慢することを選択」したら再び「我慢する現実が続いた」と思いました。

ああ、そうだったのね。
そんな単純なことだったのね💦

自分の中で、今までの常識がガラガラと崩れ去っていきました。

だって

今さえ「我慢」すれば、次はもっといい現実になる
我慢できる子はいい子
我慢は美徳

ってずっと教えられてきたから。

この情報に触れてからのわたしは、
自分が本当に嫌なことは、はっきりと嫌だって断るようになりました。(なかなか全てというわけにはいきませんが💦)

そうすると、不思議なことに、嫌な現実を作り出さなくなったのです。

それって単にワガママを通しているだけだから、周りは迷惑しているって思いますか?
そう、そこが難しいところですね。

でも、それはあなた自身が経験してみないと分からないことだと思います。

無理に働くことは止めました

今の仕事

結構やりがいもあって、自分に合っていると思うし、職場の人間関係もほぼ良好。

家計のためとはいえ、楽しく働き続けることができました。

ただ、先日、どうしても「きつい、辛い」と思う出来事があり、こんな働き方をしていたら、身体が壊れる~って思いました。

そこで、わたしは決心したのです。

「もう、無理して働くのは止めよう」って。

例え、給料が減ろうが、自分の身体のほうが大切だから。

いろいろ考えた末、上司に、
どのような状況下で、わたしがこれ以上働けないと感じたかなど、体力的なことも含めて自分の気持ちを正直に伝えました。

上司は、わたしの話をしっかりと聞いてくれ、対応を考えると言ってくれました。

ただ、勤務日数は減るかもしれません。

わたしはあくまでパートですからね。

でも、それでもいいと思っています。

わたしのハートは無理してまで働きたくないって言っているのですから。

複数の収入の柱を持つ

仮にパート収入が減ったとしても、わたしには複数の収入の柱、つまり複数の収入源があります。

だから、ちょっとパート収入が減っても大丈夫だという安心感があります。

その収入源とは

  • ポイ活
  • 投資(不動産クラウドファンディングとソーシャルレンディング)

です。

 

 

 

今の世の中、昔と違って、パソコンやスマホがあれが、お金を増やす方法がたくさんあるのです。

身を粉にして働かなくても(昔の自分はそうだったし、身を粉にして働くことが悪いことではありません)収入を得ることができるのです。

ただ、あなたが、お金を得る方法は、仕事の掛け持ちをしたり、残業することしかないって思いこんでしまうと、そういった現実が作られてしまうということなんです。(波動的観点からすると、そういうことだとわたしは解釈しています)

他にも目を向ける、つまり、フォーカスするところを変えると、今まで気づかなかったいろんな方法が見えてくるのではないでしょうか。

 

この続き、まだ書きたいことはあるんですけど、随分長くなってしまいましたので、このあたりでおしまいにします。

良かったら、この次の記事も読んでね。

 

ポチッとしてくださると励みになります。

ありがとうございます。

主婦・お小遣い稼ぎランキング
主婦・お小遣い稼ぎランキング


コメント

タイトルとURLをコピーしました