何のために生まれてきたのかとか、使命なんてどうでもいい?

ちょこっと心理学
この記事は約4分で読めます。

私は何のために、この世に生まれたのだろう。

何をするために、この両親のもと、日本で生まれたのだろう。

こういった疑問を、誰でもが多かれ少なかれ持ったことがあるんじゃないかな。

スポンサーリンク

何のために生まれてきた?を考え悩んだ思春期

思春期の頃、いくら考えてもわからないことがあった。

「私は、何のためにこの世に生まれてきたのだろうか」

ということ。

考えても考えても答えは出なかった。

例えば、絵を描くことが何よりも好きで、絵を描くことさえできればいい、絵を描くことが生きがい!

と、はっきり言えるような人はいい。

絵を描くことだけに集中でき、充実した人生を送ることができるだろうから。
(とはいえ、人生一筋縄ではいかないので、いろいろなことがあるだろうけど)

これといって、特技や趣味もないし、人より秀でた才能もない私は、一体何をすればいいのかさえ分からなかった。

将来の方向性が見えないがために、

「私には、何か使命があるに違いない、それさえ分かれば、何をすればいいのかわかるのに・・・」

なんて、真剣に悩んでいた時期もあった。

肩ひじを張っていたという感じでしょうか。

私の存在価値って何?

「何のために生まれてきたのか」がわからないまま、年を重ねました。

子育てに奮闘していたころ、ちょうど、お決まりの嫁姑関係に悩まされ、精神的に行き詰ってしまいました。

精神のバランスを崩し、過呼吸、閉所恐怖症などの症状に悩まされることになりました。

そんな中で、再び、自分は何のために生まれてきたのかという問題がクローズアップされたのです。

何故生まれてきたのか、自分にはどんな使命があるのか、いや、実はそんなものはないのではないか、などと考えるうちに、だんだん、自分が存在している意味が分からなくなってしまいました。

私には存在している価値がない・・・

いっそのこと、みんなの記憶から私を消してほしい!
そうすれば、私はひっそり、この世から消えることができるのに・・・って真剣に考えたりもしました。

「人生は経験と感動するためにある」この言葉に救われた

まるで、暗闇の中を手探りで歩いているような日々を過ごしていた私。

自分一人がもがき苦しんでいました。

周りのことなんて一切目に入りませんでした。

そんな時に出会ったのが、

「人生は経験と感動するためにある」という江原啓之さんの言葉でした。

あっ、人生って、いろいろなことを経験して感動するためにあるんだ!

そうなんだ!

そうだったんだ!

この言葉を聞いたとき、

私は、初めて心が解放されたような気がしました。

経験するためなんだ、いろんなことを。

だから、苦しいこと、悲しいこと、嬉しいこと、一杯経験すればいいんだ。

それだけなんだ・・・

この言葉を聞いて、私は初めて肩の力を抜くことができました。

あるのかないのかもわからない「使命」なんて言う言葉に、私は、縛られていたということに初めて気づかされた瞬間でもあったのです。

「人生は経験と感動するためにある」と理解することで、何が変わる?

人生は旅で、経験と感動するためにあると理解することで、どのように私の意識が変わったのでしょうか。

  • 辛いこと、嫌なこと、楽しいことなどすべて経験することに意義があると考えるようになったので、様々な現実を受け入れることができるようになった。→ 困ったことがあっても冷静に対処できる。
  • 家族や他人を自分の思い通りにしようと思わなくなった。→ 個々人に自由意志があり、経験することが大切なので、自分の意見を押し付けない。
    (アドバイスを求められれば別)
  • ~すべきという考えをあまり持たないようになった。→ 心が軽くなった。
  • 自分の感情に素直になった。 → 喜怒哀楽を味わうために人生があるので、感情を押し殺す必要は全くない。良く味わって、次に前進すればいい。

さて、あなたはどう考えますか?

 

スポンサーリンク

 

大いに経験して、感動しよう!

私は、霊能者やチャネラーでもないので、

「人生は経験と感動するためにある」ということが、実際のところ、真実かどうかは確かめようがありません。

単に、「腑に落ちた」というだけです。

でも、私にとっては、それだけで良かったのです。

もう、肩ひじ張って生きていく必要はない、自然体でいいんだって思います。

様々な経験をすることで、喜怒哀楽を味わうことができる。

そうやって、人間的な成長をしていくことができるんだなって思います。

嫌なこと、辛いことを経験することになっても、

あっ、経験しているんだなって思ったら、気持ちが軽くなりませんか?

(できれば、こんな嫌なことはもう十分です。もう十分経験したので、今後は結構です。とはっきりと断りたいですけど)

これも経験だ~、ありがたや~

と思って、現実に起こっていることを受け止めることができれば、冷静に対処することができる。

そうすれば、大きな山のように思えた障害も、小さな障害に変わっていくこともあると思います。

少し考え方を変えるだけで、180度人生が変わることってあるんじゃないかな。

だから、これからも大好きなポイ活やったり、ブログ記事書いたり、いろんな所に行ったりと、一杯経験して、大いに人生を楽しもうと思っています。


コメント

タイトルとURLをコピーしました