安全運転でお願いします

ちょこっと心理学
この記事は約3分で読めます。

車の運転って、人生と同じだなって思う。

ドライバーは私、私の心であり、私の魂。

車のボディは私の肉体。

スポンサーリンク

ドライバーと車のボディは切っても切れない関係

ドライバーは、どんな道を走りたいのか、いつ、どこで、誰と一緒に走りたいのかを決めている。

行きたいところへ行くには、車のボディが必要。

車のボディには、ガソリンが必要だし、

時々メンテナンスも必要。

大切にすればするほど、壊れないし、長持ちする。

人生においては

ドライバーである私が、自分の生きる道、いつ、どこで、誰と何をするのかを決めている。

でも、どんな経験でも体なしではできない。

自分の体も時々メンテナンスが必要だね。

怠けてばかりいたら、体の機能もどんどん低下していくね。

身体が弱くなってしまったら、やりたいこともできないし、行きたいところへも行けなくなっちゃう😢

だから、ドライバーと車のボディは切っても切れない関係だし、私と私の体も切っても切れない関係。

 

スポンサーリンク

 

最後まで一緒に同じ道を走り続ける人はいない

今、私の車の後を走っている車。

その時、その瞬間は同じ道を走っていても、

やがては右に曲がったり、左に曲がったり、

あるいは、私を追い越していく。

今は一人で運転しているけど、

時には、家族や知人を乗せて運転する。

反対に乗せてもらうこともあるけど。

 

私の人生の中で、

ある時、ある瞬間を一緒に過ごした仲間や家族。

いずれは、別々の道を歩んでいく。

車の運転と同じ。

 

小さい頃、母親に良く車に乗せてもらった。

小さい頃は、自分で車の運転ができないから、

誰かに乗せてもらうしかない。

人生だって同じ。

小さい頃は、親に守ってもらわないといけないから。

 

土砂降りの中、

前が見えなくてノロノロ運転。

人生も同じ。

トラブル続きで、前に進めない時がある。

 

長いトンネルに入ると、

いつになったら出られるのかなって、ちょっと不安になっちゃう。

出口が見えてきたらホッとする。

人生も同じ。

先が見えないと、怖くなっちゃう。

明るい兆しが見えたら、ホッとするね。

それでも私は安全運転を心掛けます

仲間や家族が別々の道を選んでも、

私は、安全運転を続ける。

悲しいから、悔しいから、腹が立つからって理由で

荒っぽい運転をしてしまったら

事故に遭っちゃう。

自分で危ないなって思ったら、車を止める勇気も必要だよ。

 

他の人にハンドルを取られないように、

自分でしっかりハンドルを握ってね。

 

今日もここまでお付き合いいただきありがとうございました。

 

自分軸で生きることのおススメ記事はこちら。


コメント

タイトルとURLをコピーしました