想像の向こう側にあるものは感謝

つぶやき
この記事は約3分で読めます。

想像することはすべての始まり。

想像力を使って、人間は、様々なものを作ってきました。

誰かが、こんなものあったらいいな~って想像して、
それを実際に作ってみる。
思い通りにできなかったら、満足できるまで何度でもやり直す。

誰かがそうやって想像して作ってくれたから
私たちは、便利なものや綺麗なもの、素敵なものに囲まれて暮らすことができる。

私のお気に入りのバッグやお財布も
誰かが想像して、頑張って作ってくれたからあるんだよね。

スポンサーリンク

想像することは、円滑なコミュニケーションのもとになる

想像力を使って人類はいろいろなものを作ってきた。

でも、想像するって、ものを作る時に使うだけじゃないよね。

今度の彼(彼女)の誕生日、○○を買ってあげたら、きっと彼(彼女)、大喜びするだろうなあ

とか、

お母さん、こんな高価なものを私に買ってくれるなんて。
きっと、無理したんだろうなあ。

とか、

こんなことしたら、○○さん、嫌がるよね。

そうやって、誰かの気持ちを推し量る時にも、想像力って使うよね。

想像力は、円滑なコミュニケーションを取るためにも必要なんだ~

 

スポンサーリンク

 

チョコレートはどんな旅をしてきた?

私が大好きなチョコレート。

スーパーで何気なく手に取るけど、

この美味しいチョコレートが、私のもとに来るまでに
一体、どんなストーリーが繰り広げられていたんだろう。

カカオを栽培した人。
辛い思いをして作ったのかな、それとも楽しかったのかな?

カカオを販売する人、買う人。

輸入する人。

商品のアイデアを出す人。
商品を作る人。
商品のパッケージを考える人、その材料を準備する人。

商品の販売ルートを探す人。
それを仕入れてくれるお店。

商品をうちの店で売りますよ~ってメーカーに発注する人。
メーカーからお店まで運んでくれる配送業者の人。

商品をお店の棚に並べる人に、支払いを受けるレジの人。

ものすごく、長い、長~い工程を経て
私のお口に入るチョコレート。

そうやって、ここまでの道のりを想像してみると、

チョコレートさん、ここまでよく来てくれたね、ありがとう。
そして、関わってくれた多くの人たち、ありがとうって思っちゃう。

そう、チョコレートが急に愛おしく思え、感謝の気持ちでいっぱいになっちゃう💛

想像の向こう側にあるものは

チョコレート一つに長~いストーリーがあるように、他のものにも、長~いストーリーがあるんだよね。
そんなストーリーをたまには想像してみるのも面白いかもしれない。

もっともっと、いろんなことを想像したら、もっともっと感謝の気持ちでいっぱいになっちゃうかもねー。

きっと、ペン一本とっても、チョコレート一個にしても、大切にしようって思えてくるよ。

想像の向こう側にあるのは感謝の気持ちっていうことかな。


コメント

タイトルとURLをコピーしました