心の棚卸ししてみようかな

ちょこっと心理学
この記事は約6分で読めます。

世の中には、人生を上手に生きやすい人と生きにくい人がいると思います。

ここで私が意味する生きやすい人というのは、順風満帆に出世する、玉の輿に乗る、有名人になる、お金持ちになるというように世間的に成功していると考えられるような人のことではありません。

私が考える「生きやすい人」というのは、過去の出来事にとらわれることなく、穏やかな心で、今を精一杯楽しく、そして日々感謝することを忘れず生きている人です。

そして「生きにくい人」というのは、過去の出来事にとらわれ、怒りや恨み、不平不満を持ち続けながら、いつも周囲といざこざが絶えない人のことです。

今のあなたは

「生きやすい人」?それとも「生きにくい人」?

スポンサーリンク

今のあなたは過去からつながっている

今現在の自分、あるいは自分の生活環境というのは、一瞬にして出来上がったものではありません。

今ある自分というのは、過去から現在に至るまでの、自分の思考や行為の結果であると私は考えております。

ビジネス界、スポーツ界、芸能界などにおいて、脚光を浴びている人たちは、期間の長い短いはあれど、一夜にして今の地位を獲得したのではありません。
そこに至るまで、人知れず努力し続けたことが必ずあるはずです。
その隠れた努力が、現在の活躍に繋がっているのです。

反対に、人間関係がうまくいかない、仕事の成果が上がらないなど、悩んでいる人たちも、過去に原因があると思います。

幼い頃、家庭で上手な人間関係を築くことができなかった、勉強を怠った、仕事で大きなミスを犯し、そこから立ち直れないでいるなど。
様々なマイナス要素である自分の思考や行動が、無意識のうちに現在の行動に影響を及ぼしていると考えられます。

ですから、今の自分は過去からの延長線上にあるのです。

過去は変えれないけれど、未来は変えることができる

こんなことを聞いたことがありませんか?

「運命は決まっているんだよ、だから、あがいたってどうにもならないんだ。」

はたして、それは事実でしょうか。

人は、自分の未来を知りたがる。

だから、占いというものにすがり、信じたりもする。

私は、ここで、運命は決まっているとか決まっていないとかを論ずるつもりはありません。
何故なら、私は、占い師でもないしスピリチュアルな能力があるわけでもありませんから。

ただ、思うのは、

現在の自分が過去の自分の延長線上にあるとすれば、未来の自分は、今からの自分の思考や行動を変えれば、今の自分とは違う自分になることができるということです。

今、もしあなたが、自分は「生きにくい人」だと感じているのであれば、何故生きにくいのかを分析し、その理由を見つけて改善することができれば、「生きやすい人」になることができるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

生きやすい人とは、「許すことができる人」 生きにくい人とは、「許すことができない人」

今の私は「生きにくい人」です。

なぜなら、過去のあらゆることに囚われ、許すことができないでいるからです。

何年も前に過ぎ去った出来事が忘れられず、いつまでも悔しい思いや憎しみを引きずっています。

あなたの心の中にも、私と同じように、多かれ少なかれ、許せない人や出来事があるのではないでしょうか。

こんな許せないという気持ちは、心を曇らせます。

許せない出来事や人が多ければ多いほど、心がだんだん曇っていくのです。

心が曇った人の周りには同じように心が曇った人しか集まりません。

まるで無限ループのように・・・

 

生きにくい人は「許すことができない人」

「生きにくい人」の心の中は、「許すことができない」ので、いつも、他人を裁き、恨みつらみや不平不満で一杯です。

時には、自分のことすら許せず、好きになれません。
今の自分の現状は、すべて、他人や世間、社会のせいだと考えています。

生きやすい人は「許すことができる人」

「生きやすい人」は、過去に囚われることなく、他人や自分、すべてを許し、心の平穏を保っている人。
自分が変われば、周囲が変わるということを知っています。

どれだけ他人を許せるか、そして自分を許せるかが生き方に関わっているのではないかと最近思うようになりました。

心の棚卸しをしてみようか

過去に囚われることによって、明るい未来を手に入れることができないなんて

なんか損している気がしてきました。

過去は過去、忘れて前を向いて歩いていくほうが絶対いい!

そう思うものの、なかなか前へ進めない私が出会ったのがこの本です。


簡単な言葉で、「ゆるすということ」の大切さを教えてくれています。

読み終わった後、なんだか、心が温かくなりました。

この本を一度読んだからといって、明日からの人生が一変するとは思わないけど、

少なくとも、自分の人生は自分で変えられるんだという勇気は与えてもらったと思います。

私の心の重荷を少しでも軽くするために

そろそろ心の棚卸しをしてみようかな・・・

 

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました