自分のこと、好き?嫌い?

ちょこっと心理学
この記事は約4分で読めます。

あなたは自分のこと、好き?

それとも、嫌い?

私は、自分のこと大好きだな~

だって、唯一無二の存在だよ。

そして、何より、一生付き合っていく存在・・・

スポンサーリンク

自分のことが好きになれない理由

自分のことが嫌いっていう人、意外と多い気がする。

原因はいろいろあると思う。

  • 子供のころ、両親からの愛情を受けていない。
    ※ 両親の子供に対する愛情表現が未熟であると、子供は、自分は愛されていない、誰からも必要とされてない存在だと感じてしまいます。
  • 学業や仕事で大きなミスを犯してしまった。だから、自分が許せない。
  • 他人と比べて、自分は何の取り柄もない。だから、自分のことが嫌い。
  • 酷い失恋をしてしまった。だから、自分は愛される価値がない人間なんだ。
  • 他人と比べて、○○だから・・・、△△できないから etc.

自分のこと大好きだ~なんて言っている私だけど、

探せば、自己嫌悪に陥るようなこと一杯ある。

何年主婦やっていても、掃除や料理ができないし、手先が不器用で裁縫などまともにできません。

人間関係苦手(人に合わせるのが苦手)。

いろんなことに手を出すけれど、結局は中途半端でものにならない・・・

今までに、恥ずかしくて穴の中に入りたいと思ったことなんて、何度もあるし、

仕事ミスって、夜寝られなかったことや、忙しすぎてヒステリックになったこともある。

なのに、何故自分のことを好きでいられるのか?

それは、ふてぶてしいから!

そう、ふてぶてしいからなんです。

人生、ふてぶてしいぐらいがちょうどいい。

世の中に100%完璧な人なんていないでしょ?

受験に落ちることだってあるし、仕事でミスることもある、失恋することだってある。

長い人生の中で、ただの一度も思い通りにならなかったことなどない!なんて言い切れる人なんているだろうか。

料理が下手だろうが、手先が不器用だろうが、仕事でミスろうが、おっちょこちょいだろうが、私は私!

そんな私だけど、ポイ活のこと詳しいし、私のことを頼りにしてくれる人がいるし、何より、ふてぶてしい私を受け入れてくれる仲間がいるから、私は私のままでいいと思える。

人生、少しふてぶてしいぐらいがちょうどいい。

だって、にんげんだもの(相田みつお)


「相田みつを」さんの作品って好きだな~

ほっこりしますよね。
いつ見ても慰められ、癒されます。

自分を甘やかすのではなく、自分を受け入れること

ふてぶてしくなるっていうことは、決して他人のことを疎かにして、自己中な人間になろうというのではありません。

自分の嫌いな面も、好きな面も全てひっくるめて、ありのままの自分を受け入れるということです。

ありのままの自分、いつも頑張っている自分。

自分がどれくらい頑張っているかを一番知っているのは、自分自身だから。

ありのままの自分を受け入れることができたら、自分のことがきっと愛おしくなるはず。

どうしてもそんな気分になれないというのなら、せめて、

自分の頭をなでなでしてもいいし、自分のことをギュッと抱きしめてあげて(セルフハグ)。

きっと、けなげに頑張っている自分が可愛く思えるから・・・

あなたも私も唯一無二の存在

あなたも私も唯一無二の存在。

だから、自分のこと嫌いだなんて言わないで。

できないから、自分のことが好きになれないなら、できるまで頑張ればいい。

たとえできなくても、他にできることがきっとあるはず。

できないことをあれやこれやと数え上げるのではなく、あなたができることを探してみて。
今のあなたにしかできないことがきっと見つかるから。

You are the best.(あなたが一番)

そして

I am the best. (私も一番)


コメント

タイトルとURLをコピーしました